2020年戌の日カレンダー 腹帯を巻く意味や時期、腹帯の巻き方

トレンド(国内)
スポンサーリンク

2020年の戌の日 出産に向けてのイベントや準備をみていこう!!

妊娠おめでとうございます♪♪
赤ちゃんができてとてもうれしいと同時に、妊娠期にはいろいろ気を付けなければならないこと。
準備しておきたいこと。
出産に向けてのイベントなどを取り上げてみたいと思います。
妊娠中の一番大きなイベントは戌の日に巻く腹帯でしょうか?今年の戌の日カレンダーなどもアップしていきますね。

スポンサーリンク

妊娠がわかったら母子手帳をもらおう

病院で診断を受け「妊娠」が分かったら、おおよその目安として妊娠10週目くらいに、市区町村の役所や保健所などで「母子健康手帳」をもらいましょう!!
母子手帳はママと子どもの健康を守るために作られたもの。
妊娠中の注意点も含め、以下のような内容のものが網羅されています。
病院に行くときは忘れず持っていきましょう。

【母子手帳の中身】

  • 妊婦の健康状態・妊娠中の経過の記録
  • 出産の状態と産後の経過
  • 乳幼児の発育等の記録
  • 予防接種や歯科検診の記録
  • 健やかな妊娠・出産・育児のためのアドバイス
    • 妊娠期の注意
    • 妊産婦の栄養のとり方
    • 新生児についての注意
    • 育児のポイント
  • 母子保健に関する制度紹介など
  • 別冊(妊婦健診・予防接種の受診券など)

戌の日に腹帯を巻こう【帯祝い】

犬が多産でありながらお産が軽いことから、赤ちゃんが無事に生まれてきてくれることを願い妊娠5ヶ月目の最初の『戌(いぬ)の日』腹帯を巻く風習があり、これを『帯祝い』と言います。

腹帯は一般的には「岩田帯(いわたおび)」、水天宮では「鈴乃緒(すずのお)」と呼ばれています。
鈴乃緖とは神社の御社殿の鈴に下げてある晒しの布のことで、その昔、月に一度新しい物と交換している鈴乃緒をおさがりに頂いた妊婦さんが腹帯にして安産祈願したところ、とても安産だったそうです。その御利益が人づてに広まったと言われています。

帯祝いは縁起かつぎだけではなく、このころから一段と大きくなってくるお腹を安定させる大切な意味も持っています

「帯祝い」を行うための腹帯「岩田帯(いわたおび)」は、昔は妊婦の実家から贈るのが一般的とされてきましたが、現在では、自分で購入する、または神社で用意してもらうなど特に決まりはないようです。

それでは、2020年の戌の日の月別のご案内です

2020年の戌の日カレンダー

腹帯の巻き方

それでは大切な腹帯の巻き方のご案内です

アメリカのイベント”ベビーシャワー”

ベビーシャワーアメリカ発祥のパーティー形式でのお祝いの行事
産まれてくる赤ちゃんにシャワーのようにみんなの愛情を降り注ぐという意味あいをもっています。

ベビーシャワーの時期は、マタニティの方が出産する前の妊娠8ヵ月ごろが目安
早すぎても遅すぎてもマタニティの方の負担になるため、安定期に入る6~9ヵ月ごろに行うのが良いといわれています。

参考:https://www.baby.co.jp/parenting/event/
参考:https://www.akachan.jp/maternity/baby_calender/

コメント

タイトルとURLをコピーしました