日本三大金運神社 新屋山神社・金剱宮(乙剱社)・安房神社

トレンド(国内)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本最強の三大金運神社で新年開運祈願をしよう!!

 新しい年を迎えるにあたって、祈願したいことの中でも「金運」祈願は皆が願う大きな願い事の1つですよね。
今回はあまり皆さんに知られていない、特別神聖な場所にある「金運神社」であり、知る人ぞ知る『
日本最強最大三大金運神社』をご紹介したいと思います。

 経営の神様と言われる船井総研の船井幸雄氏が『イヤシロチー万物が蘇生する場所がある』という著書の中で「Layline(レイライン)」上に並ぶ三神社について伝えてからというもの、企業の経営者や財界の実力者など、密かにお参りする人々が後を絶たないほど効果があるとか・・・

Lay-Line(レイライン)とは、 ある特定のライン上に結ばれているエネルギーの高い神聖な場所を結ぶLine。

レイライン上で結ばれる三大金運神社 「新屋山神社」「金剱宮」「安房神社」

Lay-Lineでつながっているパワースポット

日本三大金運神社である新屋山神社・奥宮は富士山2合目に、金劔宮は白山にあります。そして、白山と富士山を結んだラインを房総半島まで伸ばすと、そこには安房神社があります。

剣山と富士山のラインを東京方面に伸ばすと皇居に。また、白山と剣山から九州方面に伸ばすとパワースポットと言われている屋久島になります。

引用:https://www.shikiclub.co.jp/shikitabi/blog/archives/12385

『新屋山神社(あらややまじんじゃ)』山梨県富士吉田市

日本三大金運神社の一つにして最強の金運神社、会社経営者や企業家・株の投資家などが足を運ぶと言われる人気の神社。金運神社と言われているのは奥宮で、富士山2合目にあり、本宮から車で20分程かかります。

新屋から富士山に向かう雁ノ穴溶岩流台地の上に、富士山を背にして北向きに祀られ地元では「ヤマノカミサマ」と呼ばれ親しまれています。

「新屋山神社の御祭神」

主祭神:大山祗命(オオヤマツミノミコト) ※大山津見神
    大いなる山の神の意味をもっており、地を治める国津神の一柱で山を治める神様
祭神天:照皇大神、木花開耶姫命

「御神石(ごじんせき)」

御 神 石

 神様にお伺いを立てる(質問する)石で、三回持ち上げて感じた重さが変われば、速やかに事が運ぶという不思議な石。
 お願い事をする石ではなく、持ち上げた石の重さが二回目が一番軽ければ「良」、それ以外は「不」

『奥宮(金運神社)』

本宮から車で20分ほど登ったところにあり、看板などが少なくわかりにくいため、ご縁のある方でないとたどり着けないと言われるほど。

奥 宮(金運神社)

富士山のニ合目、通称「へだの辻」と呼ばれる堤所にある
「奥宮」、別名「金運神社」。

参拝可能なのは4月下旬頃から11月下旬頃の間だけです。
その以外の期間は雪の為閉社されるので参拝できないため、注意が必要。

 

 

『石の社』で願い事

石の社

願い事を叶えるためには、この祠の周りを時計回りに3回周り、1回まわるたびに社に向かって手を合わせ、お参りする

頭をさげる方角には霊峰富士山が仰げます。

新屋山神社周辺地図

『金剱宮(きんけんぐう)』石川県白山市

金 剱 宮

「お金に困りたくなかったら、ここをお参りするといい」経営の神様と言われる船井総研の船井幸雄氏が2006年に金運神社として紹介。また、ソフトバンクの孫正義氏が参拝していることでも有名。

都心から離れていることからそこまでの賑わいではないものの、宮司さん曰く東京をはじめ全国各地から来訪者が絶えないようです。
特に神社内の「乙剱社」と呼ばれるお宮が一番の金運アップスポットと言われています。

訪れた際には100円のおみくじをどうぞ。七福神の金色のお守りがついていて、財布の中など常に身につけるものに入れるといいそうです。

船井氏がいうには、金剱宮はマイナスイオンが多い場所で、ハイレベルエネルギーに溢れ、びっくりするような素晴らしい事が起こる場所らしい。

行くとわかると思うが、なんとも不思議な雰囲気があり、気持ちが落ち着いて癒される場とのこと。

「金剱宮の御祭神」

■主祭神:瓊々杵尊(ニニギノミコト)
天照大御神の孫。主なご神徳は『五穀豊穣』『畜産振興』『国家安泰』『家内安全』『富貴栄達』。
■配神:大國主神…天地創造神。両縁結び。産業開発。
大山咋命…厄除け。醸造。
日本武命…出世。開運招福。
事代主神…福徳。商売繁盛。
猿田彦神…交通安全。良縁結び。

『乙剱社』のお参り

乙 剱 社

金剱宮(きんけんぐう)に行った際には必ず参拝したいパワースポット。
「船井総研の創業者である船井幸雄さんが「お金持ちになりたければ、ここにお参りしなさい」と言って有名になったお宮がこの「乙剱社」となります。「乙剱社」には瓊々杵尊(ニニギノミコト)の息子で、彦火火出見命(ヒコホホデミノミコト)という稲穂の神さまがお祭りされています。

稲穂の神さまなので、「五穀豊穣」のご利益から「豊かに実る稲穂=金運」ということで、稲穂の神さまには金運のご利益があるとされているとのこと。

稲穂の神さまなので、稲を丹精こめて醸造したお酒は最高のご供物となります。お賽銭とは別に小さなものでも良いので、お酒をお供えされるとよりご利益があるようですのでお試しくださいね。

金剱宮境内と周辺マップ

境内map

周辺map

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました