ローマ教皇フランシスコ、今回の訪日のテーマとは?

トレンド(海外)
スポンサーリンク

ローマ教皇が来日して伝えたかったものとは?

ローマ教皇フランシスコは、今回の訪日のテーマ「全ての命を守るため」としている。

11月24日のローマ教皇フランシスコのスケジュールは多忙を極めたが、そうまでして伝えたかったその真意を探って見たいと思います。

スポンサーリンク

ローマ教皇フランシスコが各地で語った平和へのメッセージ

 広島平和記念公園を訪問したフランシスコ教皇が記帳したメッセージ

********************************************

わたしは平和の巡礼者として、この地の歴史の中にあるあの悲惨な日に、傷と死を被ったすべての人との連帯をもって悼むために参りました。いのちの神が、(わたしたちの)心を、平和と、和解と、兄弟愛へと変えてくださるよう祈ります。

フランシスコ

2019年11月24日

*********************************************

また、演説では「戦争のために原子力を使用することは犯罪以外の何物でもない」と述べている。

長崎爆心地公園でのメーセージ

「核兵器や他の大量破壊兵器の保有は、平和と安定という望みを叶える回答にはならない」

長崎は「人類と環境にどれほどの破滅的な結果をもたらすかを示す証人だ」と被爆地の意義を訴えた。

「世界の平和と安定は、恐怖や相互破壊、相手を壊滅させる威嚇に基礎を置くいかなる取り組みとも相いれない」と、核抑止力に頼る主要国を批判した。

「武器の製造や近代化、保守や売買に巨万の金を費やすのは天罰に値する」とも話し、大量破壊兵器への関与を批判した。

ローマ教皇フランシスコ、国際社会の現状を憂う

ローマ教皇フランシスコは多国間による軍縮の取り組みがうまくいかず、軍事拡大競争が広がりかねない状況に懸念をしめしており、

「すべての指導者が緊急に注意を払い、力を注ぐ必要がある」と訴えた。

出典:11/25読売新聞朝刊より抜粋

「核戦争の脅威で威嚇することに頼りながら、平和を提案できるのか」と、米国の核の傘に入る日本を暗に批判したフランシスコ教皇。これに答えて、菅官房長官は会見で、「日米安保体制のもと、核抑止力を含めた米国の抑止力の維持・強化は、我が国の防衛にとって適切だ」として従来の方針を変えない姿勢を示した。

正直のところ、この回答にはがっかりさせられた。今一度、ローマ教皇フランシスコの来日の意味を真剣に考えてほしいと願うのは私だけではないはず。

ローマ教皇フランシスコ、11/25の足跡

11/25 午前 東日本大震災の被災者との集いに出席

 昨日の強行スケジュールでお疲れのローマ教皇フランシスコは、25日も午前中から都内で開かれた東日本大震災被害者の集いに出席された。

当初、被災地訪問を望んだが、日程の関係で実現しなかったという。

教皇は地震、津波、東京電力福島第1原発事故を併せ「三大大規模災害」と呼んでおり、被災者との面会を強く希望。日本到着後には、「長期にわたる被災者の苦しみを見ると、こうした人々を助ける義務を自覚させられる」と述べられた。

11/25 午前 天皇陛下と面会

 フランシスコ教皇は午前11時、皇居・宮殿の「竹の間」で、およそ20分間、天皇陛下と会見された。

フランシスコ教皇が長崎と広島を訪れたのに続いて、25日、東日本大震災の被災者と会ったことなどを天皇陛下が話題にされ、「日本の人たちに心を込めて寄り添っていただいていることに感謝します」と述べられたとのこと。

また、天皇陛下が高い関心を持つ環境問題や水をめぐる問題について話題にされると、フランシスコ教皇は「重要なことは、人々が環境問題に強い問題意識を持つことで、現在、若い人たちの間では関心が高まってきています。若い人たちも施政者たちもともに行動する必要があります」とも話された。

11/25 13:00 東京カテドラル聖マリア大聖堂「青年との集い」に出席

ローマ教皇フランシスコは、東京都文京区の東京カテドラル聖マリア大聖堂で開かれた「青年との集い」に出席。集いの最後に、登壇者から贈られた似顔絵入りのオリジナルはっぴを羽織った。

家族でフィリピンから日本に移住した男性は、外国人という理由で学校でいじめられ自殺を考えたという経験を話し、差別やいじめにどう向き合ったらいいのか、教皇に尋ねました。

これに対しフランシスコ教皇は、いじめが残酷なのは自分に価値がないと感じさせること、「いじめに対する最良の薬は、皆さんたち自身です。学校や大人だけではこの悲劇を防ぐのは十分でありません。皆さんが友人や仲間どうしで『絶対だめ』『それは間違っている』といわなければなりません」と呼びかけた。

また、集いには日本で暮らす難民申請者や難民留学生が招かれた。教皇は「苦難を経験し、皆さんの国で難民となることを求めてきた人たちに、友情の手を差し伸べてください」と述べ、先進国の中で難民認定率が極めて低い日本に対し、紛争による被災者に寄り添う姿勢を示すよう訴えた。

11/25 16:00 東京ドームでミサ

ローマ教皇フランシスコの東京でのミサには、日本国内外から約5万人のカトリック信者らが集まった。

ミサ会場である東京ドームに、フランシスコ教皇が姿を現すと、場内は歓声で包まれ、参列した人たちは日の丸とバチカンの小旗を振って歓迎。教皇専用のオープンカー「パパモービレ」でゆっくりと場内を巡った。少しでも近くで見ようと、通路際に駆け寄る人もいた。

11/25 18:00 安倍首相と会談

 ローマ教皇フランシスコは、安倍首相と首相官邸で会談。日本とバチカンの二国間関係を強化していくことを確認した。首相は北朝鮮による日本人拉致問題の早期解決に向けて理解と支持を求め、教皇の支持を得た。

拉致問題解決に向けて教皇の支持を得た意義は大きい。教皇はキリスト教カトリック信徒約13億人のトップに立ち、約180カ国・地域と外交関係を持つバチカンの元首でもある。高い情報収集力と発信力を背景に、教皇の言動は国際社会に大きな影響力を持つ。教皇を通じて拉致問題を世界に訴え、解決への機運を高めることが期待できる。

会談で首相は「日本とバチカンは、平和、核なき世界の実現、貧困の撲滅、人権、環境などを重視するパートナーだ」と述べた。教皇は「核兵器のない世界」の実現に向けた日本の取り組みを支持した。

「日本とバチカンは平和、核なき世界の実現、そして貧困の撲滅、人権、環境などを重視するパートナー。教皇台下の訪日を契機として、バチカンとの協力をさらに拡大していきたい」と話したそうだが、

核なき世界の実現と言いつつ実際の行動がどうなのかを考えてほしい。

「世界の平和と安定は、恐怖や相互破壊、相手を壊滅させる威嚇に基礎を置くいかなる取り組みとも相いれない」「武器の製造や近代化、保守や売買に巨万の金を費やすのは天罰に値する」と、核抑止力に頼る主要国を批判したローマ教皇フランシスコの真意を汲み取ってほしいと心から願うばかりである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました