“祝南アフリカ優勝!!” ラグビーW杯たくさんの感動ありがとう!!

2019W杯ラグビーの魅力
スポンサーリンク
スポンサーリンク

W杯決勝 フィジカルに勝る南アフリカがイングランドを制す

最高の盛り上がりをみせたラグビーワールドカップもとうとう最終日を迎えました。

今日の優勝は競り合って“イングランド”という下馬評が高かったですね。私自身も、 イングランドが優勝候補の“ニュージーランド”を破ったときの気迫があまりに凄かったため、 たぶん“イングランド”勝つかなと内心は思っていました。

ところがいざ試合が始まってみると、 ニュージーランド戦の時のような気迫をあまり感じなくて、むしろ南アフリカのほうが終始押し気味で試合が進んでいったように感じました。

守りの強さが半端ではない南アフリカが勝負を決めた試合でしたね。

試合の流れ

競り合いの試合になるという予想通り、初めての得点は前半9分ごろの南アのペナルティゴール。

その後交互に ペナルティゴールを決めて6-6になり、その後南アが38分と41分にまたしてもペナルティゴールを決めてあっという間に12-6で前半終了。

後半戦もなかなかトライはなく相変わらずのペナルティゴールの応酬となり、ここでそろそろ“トライ”見せてほしいなと思いながら見ていると、イングランドがかなりゴール近くで何度も何度もトライ試みるも、南アの鉄壁のデフェンスに阻まれてトライならず。この時の攻防は凄かったですね。今日の南アのスクラムはほんとに強かったな。

でも、やっぱりトライがないとつまらない・・・そんな後半押し迫ったころ、南アにとうとう 軽快なパス回しで 初トライが決まって、やっともやもや気分がスカッとしました。

その後の南アの反撃は止まらず、動きはますますよくなり、2回目のトライもほぼ阻まれることなくアッという間の追加得点となり、32-12と圧巻の勝利となりました。

イングランドは先日のニュージーランド戦の気迫は息を潜め、南アフリカはフィジカルを強みに、ノリに乗った試合運びでしたね!!おめでとう南アフリカの皆さん!!

最高の盛り上りを見せたラグビーワールドカップを終えて思うこと

いやいやほんとに楽しい1か月半、たくさんの感動をほんとにありがとうございました。

南アフリカの皆さんが全身で喜びを表す姿は見ていてほんとにうれしくなりますね。その歓喜の様子が無邪気でかわいらしくて、すてきで ず~っとTVの前で飽きずに眺めていました。 なんとも言えない幸せな気分に浸ることが出来ました。ほんとにありがとう!!

選手の皆さんの後ろ側で花火の演出もとてもきれいですてきでしたね。

世界の人々から賞賛してもらえた今大会の運営。皆さんほんとにご苦労様でした。

1つのスポーツでこんなに最初から最後まで盛り上がって楽しませてくれる“ラグビー”って凄いですよね。

選手の皆さん、スタッフの皆さん楽しませていただきました!!

これからも応援していきますよ~  ほんとにありがとうございました!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました